アネモネステークス2021予想と過去傾向・前走好内容の2頭の勝ち負けに期待

アネモネステークス2021予想と過去傾向(枠順・馬体重・血統・前走・人気)などを中心に分析。また、予想オッズや予想のポイント、中山芝1600mコース解説なども紹介しています。

アネモネステークス2021概要・コース解説

レース名 アネモネステークス
格付け OPリスデッド
コース 芝1600m
条件 3歳オープン(国際)牝(指定)
1着賞金 2000万円

異質なコース形体のため、展開ひとつで決まり脚質がガラッと変わりやすく、予想が非常に難しいコースです。スタートから最初のコーナーまでの距離が短いため外枠馬が不利を受けやすく、さらに最後の直線でも、外に振られやすいため、位置取りが重要なコースです。

先行~差し馬が好走。基本は先行馬ですが、展開次第+クラスが上がるに連れて差し台頭のレースも増えてきます。

アネモネステークス2021枠順

アネモネステークス2021予想オッズ

上位5頭

1番人気 ベッラノーヴァ2.0
2番人気 スンリ3.6
3番人気 ルチェカリーナ4.5
4番人気 レッジャードロ8.1
5番人気 トゥルーアート19.9

引用元:ネット競馬

アネモネステークス2021過去傾向分析

過去9年のデータ分析になります。

単勝オッズ

単勝10番人気以下[0-2-1-53]苦戦。

単勝1番人気[4-0-1-4]勝率44%ですが、全体的には、やや物足りない数値。

単勝9番人気以内であれば勝ち負け出来ている結果です。

枠順

2枠5枠に勝ち星がなく、特に2枠は連対無しで苦戦。

全体的には、1枠6枠7枠が優秀です。

脚質

逃げ先行馬の3着内率が30%を超えており優秀です。

差し、追い込み馬も勝ち負けしている結果ですが、数値は苦戦しています。

所属

関東馬9勝と断然の結果も、3着内率の数値では関西馬も互角。

馬体重

馬体重による有利不利は無しと見て良さそうな結果です。

血統

サンデーサイレンス系、ミスプロ系が優秀。特にディープインパクト産駒、キングカメハメハ産駒、ロードカナロア産駒が好走いています。

前走クラス

前走1勝クラス、重賞組が好走しています。

アネモネステークス2021予想のポイント

前走1200m[0-0-0-10]と苦戦しており、前走1400m以上から。特に前走中山芝1600m組が優秀でフェアリーS、菜の花賞組が狙い目で当日単勝2番人気以内なら[4-0-1-2]と優秀な結果です。

アネモネステークス2021予想

11番ベッラノーヴァ/9着2番人気

不良馬場の中山コースで前走までの走りが信頼出来るかは不安も、過去データ傾向から言えば、勝確定のような好走データを持っているのがこのベッラノーヴァ。

枠順も人気も、前走距離も血統も、さらには前走着差や前走レースまでもが完璧な好走データで偏っており、これが良馬場なら思いっきりおすすめ出来る1頭なんですが。

デビュー戦で重馬場を走って1着と問題無い走りですが、OPリスデッドになれば、それがどこまで通用するか?ですが、

それでも前走好内容ですから、同コースで追い込む競馬がハマればといったところです。

8番アナザーリリック/1着3番人気630円

予想オッズでは思った以上に人気がなく、ニヤッとしてしまうアナザーリリック。

前走菜の花賞は、勝ち馬からタイム差無しの2着に好走。上がり3F3位の差す競馬は、他馬より少しものが違うように見えただけに、同コースでなら狙ってみたい1頭です。

父リオンディーズでミスプロ系に、父父キングカメハメハなら文句なく、馬場が緩んでも問題ないタイプと見ており、時計のかかる朝日杯フューチュリティステークスで優勝した父のようにパワーを要する馬場も問題ないと見ています。

あとは、スローペースで善戦していますので、ミドルペース以上でどうなるか?このあたりですね。

重賞無料予想・一撃回収No.1無料サイト

先日も京都牝馬で9人気抑えて回収率1339%的中の無料予想!
今年最高値は東京新聞杯4556%!

荒れる春の重賞はココ見てからがベスト!
毎度荒れ重賞対策万全です!

無料買い目画像がコチラ↓

◎京都牝馬S:3連複133.9倍×500円=66,950円

◎東京新聞杯:3連複455.6倍×500円=227,800円

人気薄馬の入れ込みが本当に上手い!
重賞予想で一撃必殺の回収率を狙うならここの無料買い目が1番です。

レース前夜20時頃買い目公開、メール登録し作業完了。
金曜、土曜夜買い目チェックをお忘れなく!!

おすすめの記事