東京ダート1300m傾向や特徴【血統・枠順・騎手・調教師・人気】重・不良分析など

東京競馬ダート1300m傾向・特徴や予想のポイントを紹介。単勝人気・脚質・枠順・馬番・馬体重別の成績デーを良馬場・稍重・重馬場・不良馬場などに分けて解説・東京ダート1300mの好走血統(種牡馬・母父)や騎手・調教師なども紹介しています。

東京ダート1300mコース概要

参考:JRA

東京ダート1300mコース解説

JRAで唯一の距離がこの1300mです。

向こう正面からスタートして、最初のコーナーまでは約342mと距離があるため、そこまで速く流れることがなく、各馬、日本のダートコースで1番長い最後の直線に備える形。

4角から最後の直線へ出てからは、逃げ先行馬が内~中枠に揃っていれば、差し馬には荷が重たく、抜け出すのに苦労する反面、外枠差し馬は有利に。

それでも広いコースですから、全体的にはどこからでも勝ち負け出来る結果です。

東京ダート1300m傾向データ(良馬場)

枠順

4枠の勝率が10%を超えている以外は、ほぼフラットの成績です。

枠順による有利不利はあまり無いようですね。

馬番

全体的には、そこまでの有利不利は無いと思いますが、5番~10番の3着内率が20%超えと好走しており、一応の中心になるのかなと。

その中で8番の単復回収率が100%を超えているのは注目したいところです。

脚質

逃げ馬が好走しており勝率17%3着内率36%は優秀です。また、単復回収率100%を超えているのも要チェックですね。

また、先行馬も好走しており、逃げ馬と遜色の無い結果です。

差し~追い込み馬は、勝率、連対率が10%切るか切らないかといった、やや見劣る数値です。

予想のポイント
上がり3F1位脚質別データ

上がり3F1位が勝率33%と好走しており全脚質で単復回収率100%超えとなっています。また、逃げ先行馬の場合3着内率100%となっており、差し馬も3着内率85%と優秀な結果。東京ダート1300mで上がり最速経験馬などは要チェックですね。

単勝人気

単勝1番人気勝率31%3着内率69%と信頼度高い結果です。

単勝5番人気から勝率10%を切り、単勝7番人気から連対率10%を切るなど、上位組との数値の差が歴然としており、上位優勢の結果です。

単勝オッズ

単勝1.4倍以内3着内率100%。

単勝1.5倍~3.9倍以内が勝率33.1%3着内率69%と好走しており、軸候補としては優秀なオッズ帯になると思います。

東京ダート1300m傾向データ(重・不良馬場)

枠順

2枠が好走しており、連対率22%3着内率30%とトップの成績。

全体的には、どこからでも勝ち負けが出来ている結果で、5枠6枠の単回収率が100%を超えています。

馬番

1番7番の数値が極端に低く、苦戦しています。

3番10番11番13番14番が好走しています。

脚質

重馬場以上になると、完全に逃げ先行馬が優秀。

上がり3F3位以内が軒並み単復回収率100%を超えており、逃げ~差し馬で上がり3F3位以内なら勝率38.7%3着内率83.9%単復回収率200%超えとなっています。

単勝人気

単勝1番人気勝率27%3着内率63%と、良馬場と比べて数値がやや下がる結果も、平均前後の結果です。

単勝オッズ

単勝1.5~1.9倍以内勝率46%3着内率91%と信頼度高い結果です。

良馬場と同じような数値ですから、単勝10倍以上からやや苦戦という結果ですね。

東京ダート1300m血統データ

父・種牡馬

サウスヴィグラス、プリサイスエンドなど、父エンドスウィープ系が優秀。

ファスリエフが単復回収率100%を超えており、全体的に見ても海外系の種牡馬が活躍しています。

苦戦種牡馬

芝中長距離で活躍した種牡馬が苦戦。

特にスクリーンヒーローやグラスワンダーの父シルバーホーク系が苦戦しています。

母父

フレンチデピュティ、ブライアンズタイムなど海外種牡馬が好走しています。

東京ダート1300m騎手データ

内田騎手勝率16%3着内率38%で優秀な結果。

横山典弘騎手は出走頭数が少ないものの3着内率41%で優秀。

数値では、ルメール騎手が圧倒しており、勝率27%3着内率54%。1勝クラス[5-1-2-6]単回収率125%で、1勝クラスに騎乗する場合は要チェックでしょうか。

東京ダート1300m調教師データ

上位15名は、軒並み関東所属調教師で関西所属調教師の好走は無し。

矢野調教師がトップの成績で単復回収率100%超えは優秀な結果です。

東京ダート1300m生産者データ

個人生産者の好走が目立っており、社台系やノーザンファームのように出走数が多い生産者は苦戦傾向にあります。

東京ダート1300m傾向まとめ

傾向(良馬場)

  • 枠順による大きな有利不利は無し
  • 5番~10番好走
  • 逃げ馬が好走
  • 差し~追い込み馬やや苦戦
  • 上がり3F1位が勝率33%と好走
  • 単勝1番人気勝率31%3着内率69%と信頼度高い
  • 単勝5番人気以下やや苦戦
  • 単勝1.4倍以内3着内率100%
  • 単勝1.5倍~3.9倍以内中心

傾向(道悪)

  • 2枠が好走
  • 1番7番苦戦
  • 3番10番11番13番14番が好走
  • 逃げ先行馬が優秀

血統

  • サウスヴィグラス、プリサイスエンドなど、父エンドスウィープ系が優秀
  • 芝中長距離で活躍した種牡馬が苦戦
  • スクリーンヒーローやグラスワンダーの父シルバーホーク系が苦戦
  • 母父フレンチデピュティ、ブライアンズタイムなど海外種牡馬が好走

騎手・調教師・生産者

  • 内田騎手、横山典弘騎手、ルメール騎手好走
  • 矢野調教師がトップの成績
  • 個人生産者優秀
おすすめの記事